「信念、情熱、遊び心があれば、自分の道を進める」と錦織圭は言う

自信を持って生きていく、自分の個性を生かしてのびのびと人生を送るには、どうしたらよいのでしょうか?

テニスの錦織圭選手が、ふるさと島根県の中学生が使う副読本「しまねの道徳」に寄せたメッセージに目が留まりました。

信念、情熱、そしてちょっとした遊び心、これらがあれば、自分の道を進めるのではないでしょうか。」

と錦織圭さんは語りかけます。


2016年春分の日の朝、新聞に掲載された記事「「中学副読本に錦織選手寄稿 島根の後輩にエール」

島根県松江市出身の男子テニス錦織圭選手(26)の寄稿が、2016年度から島根県内の中学校で使用する「しまねの道徳」に掲載された。

「『遊び心』を持って」と題した寄稿。

「信念、情熱、ちょっとした遊び心があれば、自分の道を進める」と古里の後輩にエールを送る。

2016(平成28)年3月20日(日曜日)中国新聞朝刊社会面より引用・抜粋

 

錦織圭さんから島根県の中学生へのメッセージ

「遊び心」をもって

プロテニスプレーヤー、錦織圭

https://nishikorikeisensyu.blog.so-net.ne.jp/2016-01-04より転載

僕は、中学1年のときにフロリダにあるテニスアカデミーに短期留学し、翌年には親元を離れ、本格的にそのアカデミーでトレーニングを始めました。

それは、僕が下した大きな決断でした。

でも迷いはありませんでした。すべては、僕の夢である「世界一のテニスプレーヤーになる」ために、僕が選んだ道です。

ただ、僕一人が決断しただけで、その道が開けるわけではありません。

そこには、運命的な出会いがあり、献身的な支えがあり、じっと見守って送り出してくれる人たちがいました。

そして、その人たちを動かすのは、自分の確固たる信念であり、それを貫こうとする情熱です。

皆さんも、思い通りにならないことは多いと思いますが、周りのせいにしていませんか。

自分の選んだ道に責任があるのは自分です。

自分に与えられた命をどう使うか、それを決めるのは自分です。

本当にこうしたいと思ったら、どうしたらできるのか、どうしたら周りを動かせるのかを真剣に考えてください。
そうすれば、自分の信念が、情熱が、どれほどのものかわかるはずです。

僕は、皆さんと同じ島根県の出身です。首都圏から遠く離れている、人口の少ない県です。
テニスもそれほど盛んではない県ですが、それがかえって、型にはまらない、自由でのびのびしたテニスを僕に授けてくれたような気がします。

競争の激しいところでは、画一的なテニスしか教えてもらえなかったかもしれません。

島根県には、個性を生かして、それを伸ばしてくれる環境があったのだと思います。

この豊かな自然とのんびりした環境、自由な風土の中で、僕は「遊び心」をつちかったような気がします。

どんなに激しい戦いの中でも、追い詰められた状況でも、ちょっとした心のゆとり、「遊び心」を持つことが、今の僕のテニスにつながっています。

皆さんも、何をするにつけても、真剣に一生懸命取り組むのは必要ですが、どこかに遊び心をもって、楽しんでやらなければ、続かないと思います。

信念、情熱、そしてちょっとした遊び心、これらがあれば、自分の道を進めるのではないでしょうか。

錦織圭(自筆サイン)

(2016(平成28)年3月20日(日曜日)中国新聞朝刊社会面より引用)

 

タロット(ワンド)で錦織圭選手の寄稿文を読む

わたしはこの寄稿文を読んで、タロットカードにおけるワンドの特徴がそのまま表れているなあ、と思いました。

ワンドは、生きる力、バイタリティ、何かを生み出す創造性、情熱、意志の力、行動力を表します。

ワンドA(エース)

タロットカードのワンドA(エース)、ソードA(エース)

「世界一のテニスプレーヤーになる」という夢

自分の確固たる信念、それを貫こうとする情熱

自分に与えられた命をどう使うか、それを決めるのは自分

→ 大きな決断をする(ソードA)

 

ワンド2、3

タロットカードのワンド2、ワンド3

世界一のテニスプレーヤーになるために行動を起こす

「中学1年のときにフロリダにあるテニスアカデミーに短期留学し、翌年には親元を離れ、本格的にそのアカデミーでトレーニングを始めました」

→ 夢に向かって努力する(ペンタクル8)

 

ワンド4

wand-4.jpg

個性を生かして、それを伸ばしてくれる環境

豊かな自然とのんびりした環境、自由な風土

松村潔先生から、「ワンド4はエネルギーをチャージできる場所」と教わりました。

 

ワンド5

タロットカードのワンド5

激しい戦い

 

ワンド6

タロットカードのワンド6

勝利

 

ワンド7

タロットカードのワンド7、ソード8

追い詰められた状況

→ 身動きが取れない状況(ソード8)

 

ワンド8

タロットカードのワンド8

素早く行動する

「中学1年のときにフロリダにあるテニスアカデミーに短期留学し、翌年には親元を離れ、本格的にそのアカデミーでトレーニング始めました。(中略)

ただ、僕一人が決断しただけで、その道が開けるわけではありません。そこには、運命的な出会いがあり(カップ2)、献身的な支えがあり(ワンド4)、じっと見守って送り出してくれる人たちがいました(カップ10)」

 

ワンド9

タロットカードのワンド9、ペンタクル7

「本当にこうしたいと思ったら、どうしたらできるのか、どうしたら周りを動かせるのかを真剣に考える」

 

ワンド10

タロットカードのワンド10

過大な期待とプレッシャーを背負って戦う

「思い通りにならないことは多い」

 

ワンドペイジ、ナイト+カップ6

タロットカードのワンドペイジ、ワンドナイト、カップ6

錦織圭さんから、ふるさと島根県の中学生にエールを送る

 

錦織圭さんをホロスコープで占う

錦織圭さんのホロスコープ 占星術で占う

錦織圭選手をホロスコープでみると、山羊座に太陽、月を含め6つも天体があり、「努力と根性」の人。
彼の華麗なるスマッシュは、日々の鍛練、たゆまない努力の積み重ねだということが理解できます。

その原動力は、
「世界一のテニスプレーヤーになる」という夢
自分の確固たる信念、それを貫こうとする情熱
だと、彼は語ります。

題名に『「遊び心」を持って』とつける、「人生を遊ぶ」という感覚が新鮮でした。
彼にとって、試合も、鍛練も、どこか「遊び心」で楽しんでおられるのでしょう。

彼の火星は射手座にあり、水瓶座にある金星と60度、蟹座の木星と合わせてYODを形成。

「球を打って、返ってきた球を打ち返す」というラリーが、射手座の火星らしいと感じます。
火星でプレーに熱中する、「遊び心」は、金星、木星が示しています。

努力家のスポーツマンらしい、素晴らしいホロスコープだと感じます。

占星術では一年のスタートとされる春分の日に、信念、情熱、夢の大切さを改めて感じました。

 

スピカのFacebookページができました!

広島の占星術とタロット占い healing space SPICAのFacebookページ ができました。

占星術やタロットのお話、パワースポット巡り、もっと幸せになる方法など、人気のブログ記事を発信しています。
スピカの記事をお読みになって、気に入った!と思われましたら、
healing space SPICAのFacebookページ を訪問していただき、ぜひ「いいね!」をよろしくお願いしますm(_ _)m

 

参考文献
完全マスター西洋占星術 (The series of perfect master)
ウィキペディア
2016年カレンダー(大阪市立科学館発行)