2019年3月6日(水)、天王星が牡牛座に完全に移動する

天王星は2026年4月まで牡牛座に滞在する

フェルメール画 天文学者 あるいは占星術師2019年3月6日(水)PM5:26、
天王星が牡牛座への移動を完了します。
牡牛座天王星時代が本格的に始まります。

2018年5月16日に牡牛座に移動した天王星は、
2018年11月7日、一旦、牡羊座に戻りました。
4か月間、天王星は牡羊座を運行し、
2019年3月6日、本格的に牡牛座へと歩を進めます。

天王星は約10ヶ月かけて牡羊座から牡牛座に移動を終え、
2025年7月までと、2025年11月~2026年4月のあいだ、
天王星は牡牛座を運行します。

天王星は 改革、アクシデント、スキャンダル、テクノロジー、独自性 を表します。

天王星が牡牛座に滞在する約7年間、
日本のわたしたちの暮らしはどのように変化していくのでしょうか?

天王星が2度目に牡牛座に移動した瞬間のホロスコープで占いました。

☆ 目次 ☆

天王星が2度目に牡牛座に移動した瞬間のホロスコープで占う
1.アセンダント(ASC)は乙女座14度
2.牡牛座に移動した瞬間の天王星は8ハウス
3.目的を表す太陽は7ハウス
牡牛座に天王星がある7年間を占う
スピカのセッションのご案内

天王星が2度目に牡牛座に移動した瞬間のホロスコープで占う

2019年3月6日(水)PM5:26、
天王星が2度目に牡牛座に移動する瞬間のホロスコープを、東京で作成しました。

2019年3月6日、天王星が牡牛座に移動

特筆すべきは、主要10天体がすべて、西側にあること。
特に5ハウス、7ハウスが強調されています。

自分らしい人生を創造していくこと。
ワクワクして生きること。

人や物事との出会いによって、世界が大きく広がります。
自分自身の可能性を広げるために、
拒絶されることを恐れず、ありのままの自分を表現するとよいでしょう。

ただ、「自分は、こうありたい」という信念が欠如している場合、
他人から利用されたり、搾取されたり、
自分自身を他者に引き渡してしまう傾向が強くなりそうです。

木星が射手座にある2019年12月までは特に、
「何のためにそれをするのか」という、
あなたの理念、信条、哲学が問われます

※2019年に入ってから、厚生労働省をはじめとする不正統計処理問題が浮上しました。
「何のために」「誰のために」調査をするのか、
というビジョンや正義感が長年欠如していた、と言えなくもありません。

1.アセンダント(ASC)は乙女座14度

サビアンシンボルは「家系図」。

家族や先祖との結びつきが強く、
身内や所属する団体を守っていくような役割を担うシンボルです。

ルーラーの水星は魚座30度(数え度数、以下同)、7ハウス。

イースター島のモアイ像

https://www.cnn.co.jp/fringe/35124008.htmlより引用

サビアンシンボルは「巨大な石の顔」。
南洋の島にそびえたつモアイ像のことです。

360あるサビアンの最後を飾る、モアイ像。
1つの世界が完成し、その証しとしてモアイ像を建立します。
そして、次の新しいサイクルへと向かうのです。

これまで受け継いだ教えや技術を継承し、
時代のニーズや相手からの要求に応えて、手を加えていくことになるでしょう。

2.牡牛座に移動した瞬間の天王星は8ハウス

8ハウスの天王星は、水瓶座6度、5ハウスの金星とスクエア。
天王星と金星は、ミューチュアル・レセプション(星座のルーラー交換)となっています。

夫婦、親子といった密接な関係性にメスを入れ、
見直していくことが示されています。

結果として、
パートナーシップを解消するかもしれないし、
あるいは新たな関係性を構築していくことになるかもしれません。

時代の流れとして、
夫婦や家族のあり方に変化が起こり
お互いに自由で束縛しない関係性を持とうとする人が増えるでしょう。

太陽が7ハウスにあることと合わせて、
ビジネス上の契約(雇用関係など)も、大きく変わっていきそうです。

※ミューチャルレセプションとは・・・

牡牛座のルーラー(支配星)は金星。水瓶座のルーラーは天王星。
今回のホロスコープでは、天王星が牡牛座に、金星が水瓶座にあり、
それぞれのルーラーが相手の星座(サイン)に入っています。

詳しくは当ブログの記事

ミューチャル・レセプションについて」 をご覧ください。

3.目的を表す太陽は7ハウス

前回、牡羊座に戻った瞬間の天王星は7ハウスにありましたが、
今回のホロスコープでは太陽が7ハウス、DSCにぴったり重なります。

ダンスする恋人たち、プーシヴァルのダンス ルノアール画DSCにある魚座16度の太陽は、月、海王星と合。
しかも約8時間後には新月を迎えます。
新月/魚座16度のサビアンシンボルは「ひらめきの流れ」。

今までの環境を飛び出し、新しい世界に入っていくとき、
わたしたちは多くのインスピレーションを受け取るでしょう。
ご自分の勘とセンスを頼りに時代を生き抜いていく、そんな時代の幕開けです。

天王星が8ハウスにあることと合わせて、
人との繋がり、関係性をどう作っていくかが課題となります。

未来に向けて理想や夢がたくさんあり、
まだ実現されていないような理想を現実化するために、
わたしたちは、力を尽くそうとするでしょう。
犠牲的な立場に甘んじることもあるかもしれません。

牡牛座に天王星がある7年間を占う

天王星は 改革、アクシデント、スキャンダル、独自性 を表します。

牡牛座は土の固定サイン。
天王星が牡羊座から牡牛座に移動することで、
天王星が牡羊座のとき(2011年3月~)に種まきしたものが、
牡牛座の7年間(2018年5月~2025年)で具体化していきます。

占星術師、あるいは地理学者 フェルメール画牡牛座が示すのは物質的なことと、五感
ルーラー(支配星)金星の示すのは、
「女性」「楽しみ」「美」「好きと感じること」

理想論ではなく、現実に何をするか。
何を美しいと感じるかは人それぞれです。
あなたの美意識が問われる7年間となるでしょう。

木星が射手座にある2019年12月までは特に、
「何のためにそれをするのか」という、
あなたの理念、信条、哲学が問われます

AI(人工知能)の開発が飛躍的に進み、
人間の五感に近い感覚を備え、独自に判断することができるようになるかもしれません。

貨幣の価値や使い方、わたしたちがお金を稼ぐ方法、働き方についても、大幅に変わるでしょう。

天王星が牡牛座に移動する一連の流れを占ったブログ記事、
天王星が牡牛座に移動1 ~全体の流れを読む~ はこちらをご覧ください。

スピカのセッション(占い・カウンセリング)のご案内

2019年3月から4月にかけては、占星術上、大きな節目のときです。

審判の象意、時代が移り変わる1.天王星が牡牛座に完全に移動(3/6)
2.水星が魚座で逆行(3/6~3/28)
3.魚座で新月(3/7)
4.春分、占星術上で一年の始まり(3/21)
5.天秤座で2019年一度目の満月(3/21、二度目は4/19)
6.牡羊座で新月(4/4)

と、2019年最大の転換点を迎えます。

半年から1年、あるいは7年くらいの「節目」となる3月。
3月4月は卒業、入学、就職、転勤、転職といった節目のときですが、
星の動きを見ても、物事がクライマックス、終わりを迎え、新しい門出のときです。

スピカにご相談にいらっしゃるお客さまにも、

「夫婦や家族との関係を見直したいです」

「3月末に長年勤めた職場を辞めて、新しい職場に移ろうと思うんです」

という方が、年明けから増えてきました。

占い

あなたは、これからどういう人生にしていきたいですか?

夢がおありなら、どこから手を付けていきましょうか?

「これから先どうしようかな?」と思っていらっしゃるなら、
一度スピカのセッションを お受けになってみられませんか?

広島の占いサロン healing space SPICA のセラピスト
櫻井みわがご提供するのは、
西洋占星術やタロット、人相術といった各種占い と、
心理カウンセリング を融合したセッション(カウンセリング)。

ここhealing space SPICAでは、
あなたのかけがえのない人生について、
あなたと二人で話し合う、悩みを解決し、
より幸せで希望に満ちた人生に作り上げていく、
という願いを込めて、
「占い」「カウンセリング」「鑑定」という言葉でなく、
「セッション」という言葉を使っています。

お客さまからは、

「自分を見つめ直すきっかけになった」

「自分に自信を持てることができた」

「自分のことを好きになりました」

とのお声を頂いております。

遠方の方には大阪や東京での出張セッション、お電話でのセッションも承っております。

お問合せ・お申込みは、お問い合わせページ からお願いします。

 

 

参考文献
未来事典―3年後の私がわかるサビアン占星術 松村潔/著 角川書店
愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ) 松村潔/著 学研
最新占星術入門 (エルブックスシリーズ) 松村潔/著 学研
完全マスター西洋占星術 (The series of perfect master) 松村潔/著 説話社
完全マスター西洋占星術II (The series of Perfect Master) 松村潔/著 説話社
「月星座」占星術入門 ~じぶんの月星座を知って人生を変える本~ 松村潔/著 技術評論社
星読み+ 石井ゆかり/著 幻冬舎
石井ゆかりの星占い教室のノート 石井ゆかり/著 実業之日本社
月・星・こよみのカレンダー 大阪市立科学館
ウィキペディア(wikipedia)