占星術で獅子座で満月のホロスコープを占う

2018年1月31日(月)獅子座で満月、皆既月食

2018年1月31日(水)夜10時26分、獅子座で満月が起こります。
今回の満月は非常に珍しい、特別な満月です。

満月がいつもよりも大きく見える「スーパームーン

満月がひと月で2度起こることを指す「ブルームーン

月食時に月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン

この3つが重なるからです。

(CNNニュース≪「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」、31日に各地で観測≫より引用)

月食(月蝕)とは

月食とは、月が地球の影に入るために、
月に太陽の光が当たらなくなって欠けたように見える現象です。

月の一部分だけが地球の影に入る場合は部分月食といい、
皆既月食の場合は月全体がすっぽりと地球の影に入ってしまいます。

2018年1月31日 皆既月食月全体が地球の影に入ったとき、
月が全く見えなくなってしまうような気がしますが、
実際には、完全に月が見えなくなるのではなくて、
赤く暗い色の月が見えます。

今回の皆既月食は、
皆既の始まりが21:51、
食の最大が22:29、
皆既の終わりが23:08です。

皆既の始まりから終わりまでの時間が1時間以上あり、
長時間「真っ赤な月」を見ることができます。

(月刊うちゅう 2018年1月号p3より抜粋・引用)

獅子座で満月のホロスコープを占う

完全に満月となるのは、2018年1月31日(水)22:26。
獅子座で満月のホロスコープを作り、西洋占星術で占いました。

2018年1月31日 獅子座で皆既月食のホロスコープで占う

サビアンシンボル、ハウス、アスペクト

月のサビアンシンボル

月は獅子座12度(数え度数、以下同)。
サビアンシンボルは、「宵の芝パーティ」。

夕方開かれているカクテルパーティ。
楽しいひと時を過ごすために、みな、上品で楽しい話題を振りまきます。

月蝕のときは月とドラゴンヘッドが合。
周りの注目を集める、特に女性からの人気を得ることが示されています。

ハウス、アスペクト

月は10ハウス。
多くの人から注目を集めるために、自分をいかに演出するかが大切となるでしょう。
どんな人と付き合うか、厳選することになりそうです。

太陽は4ハウスにありオポジション。
太陽のそばには金星もあります。
自分の落ち着く場所で楽しいことをする、
人種や価値観の異なる人と分け隔てなく交流する、といったイメージです。

4ハウスの強調

5度前ルールを適用すると、4ハウスに4つの天体があります。
4ハウスの冥王星、水星は、7ハウスの天王星とスクエア。
パートナー、一緒に仕事する人との関わりによって触発され、
自分の立ち位置までが変わってしまうでしょう。

ICに冥王星がコンジャンクション(合)。
月蝕図は、半年から1年くらいのスパンをカバーする転換点ですが、
2018年を通して、日本の気候はシビアになりそうです。

満月は「満ちる」「物事が成就する」とき

満月は、太陰暦(月の満ち欠けを基準にした暦、旧暦とも言います)で、
十五夜(じゅうごや)、望月(もちづき)ともいいます。物事が成就する日です。

空に浮かぶ満月新月のころから約半年間、努力してきたことが目で見える結果となって花開くタイミング。
満月は「今までやってきたことが開花する」「豊穣」「幸運をもたらす」とされています。

特に「月食」は、半年から1年くらいのスパンをカバーする「到達点」であり、「転換点」です。

今回の満月のホロスコープに示されるのは、

  • 自分をどう見せたいか、自己ブランディングをすること
  • どんな人と付き合うかによって、大きく変化する
  • まだ人が認めていないもの、未知の可能性に賭けること

あなたはどういった人と付き合い、どんな未来を創っていきたいのでしょうか。
月食のテーマは半年から1年くらいのスパンで取り組まれるとよいでしょう。

☆ 参考文献 ☆
月刊うちゅう 2018年1月号 大阪市立科学館発行
星ダイアリー 2018年 石井ゆかり/著 幻冬舎刊