2019年秋分図(ホロスコープ)で占う、2019年の秋は?

令和になって初めての秋分。
ようやく秋らしい風が吹くようになりましたね。

2019(令和元)年の秋分図(ホロスコープ)から、
2019年9月から12月にかけての秋、日本に住むわたしたちの運勢を読み解きます。
太陽が天秤座に移動した瞬間(秋分)のホロスコープを作り、西洋占星術で占いました。

令和初の秋分は、2019年9月23日(月・祝)午後4時50分、夕方に起こります。

ちなみに、9月23日は「海王星の日」。
1846(明治21)年のこの日、ドイツ・ベルリン天文台のヨハン・ガレが海王星を発見しました。
フランスのユルバン・ルヴェリエが計算で予言した場所に新しい惑星が発見されたのです。

雑学ネタ帳「海王星の日」 より引用)

☆ 目次 ☆
2019年9月23日午後4時50分の空模様
秋分のホロスコープで2019年秋を占う
アセンダント(ASC)、太陽、月、MCを読む
1.方向性を表すアセンダント
2.目的を表す太陽
3.私生活や感情を表す月
4.結果を表すMC
恋愛・パートナー運を占う
スピカのセッションのご案内

2019年9月23日(月)午後4時50分の空模様

太陽が天秤座にイングレス(入宮)するのは夕方。
太陽は西の空に傾き、乙女座の左肩あたりにあります。
西(右)から順に、火星・太陽・金星・水星と並んでいます。

秋分のホロスコープで2019年秋を占う

2019(令和元)年の秋分図(ホロスコープ)から、
2019年9月~12月、日本や日本に住むわたしたちがどのような運勢なのかを占います。

太陽が天秤座に移動した瞬間のホロスコープ(チャート)を東京で作成しました。

2019年秋分のホロスコープ

2019年秋は、心にあるイメージや理想を膨らませるときです。
2019年全体のテーマは、天皇の譲位に象徴されるような、「時代の転換」ですが、
この秋、新しい時代に向けての構想を練るときです

自分の思いを素直に表現すること、パートナーとスマートに話し合うことで、未来のイメージが具体化していくでしょう。

2ハウスに牡牛座の天王星があり、ノーアスペクト。
10月に消費税の増税や還元措置、キャッシュレス決済に象徴されるような、
「金銭の流れの変化」や「国や個人の収入の変化」がこの秋に起こることを表します。

アセンダント(ASC)、太陽、月、MCを読む

方向性を表すアセンダントは魚座14度

キツネ皮をまとった女性アセンダントは魚座14度(数え度数、以下同)。
サビアンシンボルは「キツネ皮をまとった女性」。

「キツネは化かす」と言われるように、要領よく、うまく立ち回るシンボルです。
場の雰囲気や目に見えない力関係を察知し、
自分の大切なものを守るために、賢く振る舞う姿勢が求められるでしょう。

ASCルーラー(支配星)は海王星で魚座17度、1ハウス。
「海王星の日」らしく、魚座の海王星が上昇しています(゚д゚)!

天頂(MC)近くにある射手座木星とスクエア。
5ハウス/蟹座の月と11ハウス/山羊座の土星冥王星が形成するオポジションを調停します。

射手座が「未知の世界」へ意識を向け、「信念や哲学」を大切にするならば、
魚座は「目に見えないもの・無意識」に向かい、「いったん捨てられたものを拾い上げ、統合」していきます。

蟹座は「気持ちが通じ合う・感情のふれあい」を大切にし、
山羊座は「物事を達成する・目に見える実績を作る」ことに全力を注ぎます。

自分のやりたいことを追求しますが、手の内は見せません。
「太公望」の故事のように、ゆったりと構えて、時機を待つのです。

占い

時代の転換点である2019年は、
今までとやり方、スタンスを変えていくことになるでしょう。
強制的に変化させられる、といってもよいかもしれません。

2019年秋分のホロスコープ、アセンダントに海王星が合2018年冬至図では、ASCに土星が合でした。
2019年春分図、夏至図では、ASCに天王星が合。
2019年秋分図では、ASCに海王星が合。

2018年冬の守りの姿勢から、
2019年春から一気に攻めの姿勢へと変わり、
夏には「攻めの成果」を手に入れることを表します。

そして2019年秋は、変化を実感するとともに、次の時代へ思いを巡らせ、仲間を募るのです。

成果を手にするためには、「自分が本当に望むもの」を見つめなおす必要がありそうです。

目的を表す太陽は7ハウス

天秤座1度の太陽は7ハウスにあり、ゆるやかに乙女座の火星と合。
7ハウスの太陽は、関わった相手によって結果が変わることを表します。

天秤を持ち、占う女性7ハウスには乙女座の火星、天秤座の太陽、金星、水星と4つの天体があります。
天秤座のキーワードは「バランス」。
「自分」と「他者」との間で、

  • 理性的にコミュニケーションをとること。
  • エレガントに振る舞うこと。
  • 調和をはかること。

が大切です。

私生活や感情を表す月は蟹座16度

月は蟹座16度、5ハウス。
すぐそばにドラゴンヘッドがあり、11ハウス/山羊座の土星・冥王星とオポジション、
1ハウス/魚座の海王星とセクスタイル。

この秋、わたしたちは「私生活」や「楽しみ」を重視することが伺えます。

心に秘めてきた思いを、外に向かって表現したい思いが強まるでしょう。
岡本太郎氏の名言、「芸術は爆発だ!」

芸術やクリエイティブな仕事に携わっている人には、よい時期です。

結果を表すMCは射手座21度

サビアンシンボルは「借りた眼鏡をかけている子供と犬」。
普通は眼鏡をかけない子供が、眼鏡をかけるほどの背伸びをしています。
射手座の最強度数であるこのシンボルは、
常に高い目標を掲げて、全力で取り組むことを示します。

身の程知らずの背伸びをする。恰好つける。
困難であるほど燃える。
熱中するあまり、自分や周りのコンディションに無頓着になりやすいこともあるでしょう。

ルーラー(支配星)の木星は9ハウスで、MCと合。
未知の世界に冒険することや、海外との関わりが増えるでしょう。
2019年秋は、全体を通して、ポジティブに過ごすことができそうです。

恋愛・パートナー運を占う

パートナーとダンス ルノアール画

2019年秋は出会いの季節!
対人関係やパートナー運を表す7ハウスに、火星・太陽・金星・水星と4つも天体があります。

新しいパートナーを求めるもよし、今のパートナーとの関係を見直すもよし。
清潔感のある装いを心がけましょう。
約束は守ること。
エレガントなしぐさや言葉遣いが、好感を呼びます♡

スピカのセッション(占い・カウンセリング)のご案内

2019年秋、あなたにとってどんな時間になるでしょうか?
どんなふうに過ごしたいですか?

2019年秋分のホロスコープが示すのは、
「あなたは、どう感じていますか?」

「あなたは、どのようなパートナーシップを築いていきたいですか?」ということ。

広島の占星術とタロット占い healing space SPICA のセラピスト 櫻井みわがご提供するのは、
西洋占星術やタロット、人相術といった各種占い と、
心理カウンセリング を融合したセッション(カウンセリング)。

ここhealing space SPICAでは、
あなたのかけがえのない人生について、
あなたと二人で話し合う、悩みを解決し、
より幸せで希望に満ちた人生に作り上げていく、
という願いを込めて、
「占い」「カウンセリング」「鑑定」という言葉でなく、
「セッション」という言葉を使っています。

あなたのお悩みを手放し、よりスピリチュアルに生きていただく
実際にお役に立てるメッセージをお伝えしています。

今後の人生、仕事や結婚について、
「これから先どうしようかな?」と思っていらっしゃるなら、
一度スピカのセッションを お受けになってみられませんか?

お問合せ・お申込みは、お問い合わせページ からお願いします。

遠方の方には東京や大阪での出張セッション、お電話でのセッションも承っております。

 

healing space SPICA の Instagram 好評です!

アルハンブラ宮殿の庭園広島の占星術とタロット占いの隠れ家サロン healing space SPICAが、Instagramを始めて2年あまり。
新月・満月の星読み、タロットカードの解釈、
旅行先で見かけたもの、勉強に行ったときの感想など、
日記代わりに投稿しています。

最近は、ブログ投稿よりもインスタグラムからの投稿が多くなっています。
よろしかったら、 healing space SPICAのインスタグラムを覗いてみてくださいm(__)m
フォロー&いいね!&コメント、大歓迎です!

healing space SPICAのインスタグラム公式アカウント↓
https://www.instagram.com/healing_space_spica/

参考文献
未来事典―3年後の私がわかるサビアン占星術 松村潔/著 角川書店
愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ) 松村潔/著 学研
増補改訂 決定版 最新占星術入門 (elfin books series) 松村潔/著 学研
完全マスター西洋占星術 (The series of perfect master) 松村潔/著 説話社
完全マスター西洋占星術II (The series of Perfect Master) 松村潔/著 説話社
土星占星術 松村潔/著 技術評論社
星読み+ 石井ゆかり/著 幻冬舎
石井ゆかりの星占い教室のノート 石井ゆかり/著 実業之日本社
雑学ネタ帳「海王星の日」
月・星・こよみのカレンダー 大阪市立科学館
ウィキペディア(wikipedia)