2022年を占星術で占う 1 ~重要な6つのポイント~

ヴァニタス ピーテル・クラース画

「ヴァニタス」すべては空しい Wikipediaから引用

2022(令和4)年は、土の時代の終わりの始まり。
今までの常識が覆り、新しい方向へ舵をきるときです。

占星術でみると、2021年12月29日、木星が魚座に移動し、2022年1月3日に山羊座で新月。
だいたい暦通りに新しい年が始まりました。

2022年は、どのような一年になるのでしょうか。
四季図のホロスコープを東京で作成し、全体の流れを占星術で考察してみました。

「迷」2021年を振り返る

2021年の漢字は「金」

日経新聞記事より転載(共同)

2021(令和3)年の漢字は「金」。

無観客で開催された東京オリンピック・パラリンピックで獲得した金メダルは過去最多。

ネット上では「給付金」「補助金」の「金」、「カネ」だと言われてましたね。

とはいえ、

  • ワクチン接種を巡る混乱
  • オリンピック開催に絡む不祥事、責任者の交代
  • いつ終わるか分からない緊急事態宣言と自粛生活
  • 新型コロナウイルスに絡む給付金
  • 菅総理の退陣と自民党総裁選、衆議院選挙

など、迷走を繰り返し、わたしたち国民が困惑した2021年は、おおいに「迷(まよい)」、「惑(まどい)」の年だったといえます。

星の動きから見る、2022年の6つのポイント

新型コロナウィルス(COVID-19)が発生して3年目となる2022年。

春分・夏至・秋分・冬至のホロスコープを順番に並べ、新月や満月のタイミングも合わせてみると、6つのポイントがあります。

  1. 春分・夏至・冬至図のASCが射手座、MCは天秤座
  2. 春分・夏至・冬至図で北半球強調
  3. 月が目立つ
  4. 木星・土星、海王星のパワーが強い
  5. 2021年に引き続き、土星天王星のスクエア、不動宮での緊張
  6. 2月、4月、5月、太陽暦と太陰暦が重なる

春分・夏至・冬至図のASCが射手座、MCは天秤座

2022年、東京の春分図・夏至図・冬至図の3つのマンデン図において、アセンダント(ASC)は、射手座。ルーラー(支配星)は木星です。

木星は「楽観」「拡大」「チャリティ(慈善)」を表し、
射手座の示す「自由」「哲学」「未知の世界への探求」が、重要なキーワードとなります。

同時に、3つの図でMCは天秤座。ルーラー(支配星)は金星。
金星は「娯楽・楽しみ」「お金」「若い女性」を、
天秤座は「外交」「選択」「パートナーシップ」を示します。

射手座と天秤座が示す方向性の一つとして、「個人の尊厳と自由意志で生き方を選べる」社会にしていきたいですね。

たとえば、結婚(異性婚と同性婚、夫婦別姓と同姓)、仕事(選択的週休3日4日制、同一賃金同一労働を基本とした正規と非正規の格差是正)など。

春分・夏至・冬至図で北半球強調

2022年を通して、日本は国際社会でリーダーシップを取ることはなさそうです。

日本のわたしたちの生活においては、「自分の生活を守る」ことで精いっぱいなのではないでしょうか。

月が目立つ

あなたを励ます占い師月が四季図4枚ともエレベート(一番高い位置、南半球にある)しています。

2022年の日本は、太陽の示す「こういう国を作りたい」情熱や意志よりも、月の示す「国民感情」や「ムード」に引っ張られやすいでしょう。

北半球強調も併せて、「プライベート」や「個人」「家」を重視する風潮は強まり、「女性」「妻」「ケアをする人」に注目を集まりそうです。

木星・土星、海王星のパワーが強い

木星、土星、海王星はそれぞれイグザルト(高揚の座)、ルーラー(支配星座)回帰しており、強いパワーを発揮します。

木星 2022年は約7か月のあいだ魚座を運行します。
木星が魚座にある期間:2021年12月29日~2022年5月10日、2022年10月28日~2022年12月20日

土星 2022年を通して水瓶座にあります。
土星が水瓶座にある期間:2020年12月~2023年3月

海王星 2025年3月まで魚座に滞在、ルーラー回帰しています。

引き続き土星天王星のスクエア、不動宮での緊張

土星土星は水瓶座、天王星は牡牛座にあって、2021年のうちに3回ほど、正確にスクエアを形成しました。

2022年、土星と天王星はやや離れるものの、引き続き不動宮で緊張の角度を形成しています。
9月中旬から10月下旬にかけて、正確なスクエアの1度の誤差まで近づきます。

2022年全体を通して、トランジットの月や太陽、水星・金星・火星が水瓶座・牡牛座・獅子座・蠍座の順で不動宮を周っていき、土星天王星と絡んで、不動宮でハードアスペクトを作ります。

不動宮でハードアスペクトを取るとき、世の中に混乱が起こりやすくなります。

水害や地震、感染症といった自然の脅威に何度もさらされ、
人種や性別、地位や貧富といった不合理な差別への抗議が起こり、
新しい法制度の確立、技術革新と旧制度のあいだでジレンマが生じることでしょう。

風(水瓶座・不動宮)と土(牡牛座・不動宮)の対立は、予期せぬ出来事や騒乱に何度もさらされることを表しますが、問題解決の鍵は動きの早い木星が握っています。

2月、4月、5月、太陽暦と太陰暦が重なる

太鼓谷稲成神社

島根県津和野にある、太鼓谷稲成神社

2022年は、カレンダー上(太陽暦)の1日と、新月(旧暦、太陰暦での朔日)が1年のうち3回も重なる、珍しい年です。

2022年2月1日は、旧暦の元旦なのです(^_-)-☆

これを活かして、2022年2月の第一週に、初詣にお参りされてはいかがでしょうか。
密を避けることもできますし・・・・

※ 2022年全体の流れについては、後日掲載予定です。

スピカのセッション(占い・カウンセリング)のご案内

2022年、あなたにとってどんな時間になるでしょうか?
誰と、どんなふうに過ごしたいですか?

この時期、
「変化を恐れない」
「新しい、慣れない状況に対応していく」
「自分にとって大切にしたいものは何かを見極める」
ことが重要になるでしょう。

広島の占星術とタロット占い healing space SPICA のセラピスト 櫻井みわがご提供するのは、
西洋占星術やタロット、人相術といった各種占い と、
心理カウンセリング を融合したセッション(カウンセリング)。

ここhealing space SPICAでは、
あなたのかけがえのない人生について、
あなたと二人で話し合う、悩みを解決し、
より幸せで希望に満ちた人生に作り上げていく、
という願いを込めて、
「占い」「カウンセリング」「鑑定」という言葉でなく、
「セッション」という言葉を使っています。

あなたのお悩みを手放し、よりスピリチュアルに生きていただくための、実際にお役に立てるメッセージをお伝えしています。

「これからの人生、いったいどうしようかな?」と思っていらっしゃるなら、
一度スピカのセッションを お受けになってみられませんか?

お問合せ・お申込みは、お問い合わせページ からお願いします。

遠方の方は東京・大阪での出張セッション、お電話でのセッションも承っております。

healing space SPICA が Instagram ご覧になりましたか?

アルハンブラ宮殿の庭園広島の占星術とタロット占いの隠れ家サロン healing space SPICAが、Instagramを始めて4年あまり。
新月・満月の星読み、タロットカードの解釈、旅行先で見かけたもの、勉強に行ったときの感想など、日記代わりに投稿しています。

最近は、ブログ投稿よりもインスタグラムからの投稿が多くなっています。
よろしかったら、 healing space SPICAのインスタグラムを覗いてみてくださいm(__)m
フォロー&いいね!&コメント、大歓迎です!

healing space SPICAのインスタグラム公式アカウント↓
https://www.instagram.com/healing_space_spica/

タイトルとURLをコピーしました