2022年を占星術で占う 3 ~全体の流れを読む~

2022年、まだ見ぬ未来を描く年

水瓶座の神話 ガニメデウス

メメント・モリ -西洋美術の謎と闇-より引用http://mementmori-art.com/archives/29990497.html

コロナ禍も3年目に突入した2022年。

水瓶座でグレートコンジャンクションが起こった2020年12月から、冥王星が完全に水瓶座に移行する2025年までのあいだ、土の時代が終わり、風の時代に移り変わる過渡期のとき。

2022年は「まだ見ぬ未来を描く」「選択肢を広げる」1年ですが、わたしたちの生活は悪化する一年になるでしょう。

2022年、日本に住むわたしたちにとって、どのような一年になるのでしょうか。
春分、夏至、秋分、冬至といった重要なポイントのホロスコープを東京で作成し、全体の流れを占星術で考察してみました。

※2022年8月6日までの世相も含めて、記事を書いています(文責:櫻井みわ)

2022年の幕開け

  • 2021年12月29日、木星が魚座へ移動を完了
  • 2022年1月3日に山羊座で新月

2022年の始まりは暦通り。
1月4日が仕事始めの方も多かったことでしょう。

1/14~2/4 2022年最初の水星逆行、立春

NHKのニュースサイトより転載

2022年初めての水星の逆行が1/14(金)~2/4(金)。
1/27(木)~2/4(金)、逆行最後の8日間は、逆行中の水星が山羊座で冥王星とコンジャンクション(合)。

水星の逆行中は、電子機器や交通機関のトラブル、コミュニケーションの行き違いが生じやすいと言われています。

2/4は立春、太陽と土星が水瓶座で正確にコンジャンクションを形成。
この日、2021年夏の東京に続き、コロナ禍で2回目となる北京オリンピックの開幕式がありました。

SPICA
SPICA

冬季オリンピック開幕式では、寅年の新年を祝って子どもたちがトラの衣装で登場し、オリンピック賛歌を歌いました♪

2022年2月24日、ロシアがウクライナに侵攻

あまりに大きな出来事だったので、2021年の日本の冬至図を振り返ってみます。

2021年の冬至図では、外交問題を表す7ハウスに牡牛座の天王星があり、突発的な出来事が起こることを暗示しています。

2021年冬至のホロスコープ
天王星は、4ハウスの水瓶座土星とスクエア。貿易を表す9ハウスに天体はなく、9ハウスルーラー(支配星)である水星とトライン。

世界中に衝撃を与えたロシアの軍事侵攻は、2022年7月末現在、停戦の兆しが見えてきません。ロシアがウクライナに侵攻したことで、石油、天然ガス、小麦といった資源を世界中に輸送できなくなり、世界中で食料品をはじめ物価が高騰し続けています。

3/21 春分、夢見るとき

3月21日(月)、春分。2022年全体のテーマは春分図で読み解きます。

2022年春分のホロスコープで占う

上昇星の冥王星は1ハウス、山羊座の29度にあり、牡羊座の太陽、魚座の海王星、木星、水星とゆるやかにセクスタイル(60度)。

2022年は、傷ついたなかで、まだ見ぬ未来を描く一年になるでしょう。

「あれから ぼくたちは 何かを信じてこれたかなぁ…
夜空のむこうには 明日がもう待っている」 (「夜空ノムコウ」スガシカオ作詞)

2021年冬至図と同様、月がエレベート。
2022年の日本のわたしたちは、月の示す事柄=国民感情によって左右されるでしょう。

2022年の春分図ではスクエアが多く、調和角の少ないホロスコープです。

  • 2ハウスの火星・金星・土星が水瓶座で緩やかに合。
    牡牛座の5ハウス天王星がスクエアを投げかけています。
  • 10ハウスにある天秤座の月は、1ハウスの冥王星がスクエア。

日本のわたしたちの生活は苦しくなり、出生率は下がる1年と暗示されています。

2022年の春分のホロスコープは、次のブログ記事で詳しく読み解いています。

 

5月、木星の移動と水星の逆行

星の運行では、5/11前後にターニングポイントを迎えます。
自分が先頭に立つために、過去を振り返るようなイメージです。

  • 5/11、木星が魚座から牡羊座に移動。7/28から始まる逆行期間を含めて、10/28まで牡羊座に留まります。
    木星が牡羊座にある期間、「オンリーワンになる」「パイオニアになる」気運が高まるでしょう。
  • 5/10~6/3、水星が双子座5度から牡牛座25度まで逆行します。

6/21 夏至、過度の楽観と緊張感が漂う

6/21(火)、太陽が蟹座に移動し、夏至となります。

2022年夏至のホロスコープで占う

春分に続き、夏至図でもアセンダント射手座・MC天秤座。

こちらもスクエアが多く、調和角の少ないホロスコープです。
過度の楽観と、激しい緊張が感じられます。

  • 地上に唯一出ている蟹座7ハウスの太陽は、牡羊座の月・木星からスクエア。
  • MCルーラー(支配星)である5ハウス牡牛座金星は、2ハウス水瓶座の土星からスクエア。
  • 上昇星である2ハウスの冥王星は、4ハウス牡羊座の火星・キローンとスクエア。

太陽-月木星スクエアから、過度の楽観、気のゆるみ、意志と本音の葛藤が見え隠れします。

不気味なのは、2つのスクエアです。

  • 牡牛座29度にある金星が、2ハウスの土星からスクエア。
    金星は、5ハウスとMCのルーラー(支配星)、土星は2ハウスでルーラー(支配星)回帰。
  • 4ハウスにある牡羊座/火星キローンの合に対して、2ハウス冥王星からスクエア。
    火星は4ハウスでルーラー(支配星)回帰しており、冥王星は11ハウスのルーラー(支配星)。

4ハウスに象徴される、家庭の中での傷つき、暴力事件。
2ハウスと金星で象徴される、金銭面や若年層に対する障害。

マンデン図での読み方では、

  • 太陽と月のスクエアは、政権や政治の方向性と国民感情との乖離
  • 火星と冥王星のスクエアは、軍隊、暴力事件、異常事態
  • 4ハウスは、気象現象、反勢力

を表します。

SPICA
SPICA

7/8、安倍元首相が参議院選挙の応援演説中に銃撃され、お亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

銃撃した山上徹也容疑者は、犯行の動機について、「母親が宗教団体にのめり込み、多額の寄付をするなどして家庭生活がめちゃくちゃになった。安倍元総理が宗教団体と近しい関係にあると思った」などと話しています。(NHK NEWS WEB より引用)
気象庁は2022年6月27日、九州南部・東海・関東甲信で梅雨明けしたと発表しました。
平年と比較すると、九州南部では18日早く、東海・関東甲信では22日早い梅雨明けとなり、史上最も早い梅雨明けを記録しました。

この夏は引き続き、家庭内でのトラブル、金銭に絡む事件、異常気象に警戒が必要です。

8/20 火星が双子座に移動、長期滞在

8/20(土)火星が双子座に移動。2023年3月25日まで7ヶ月余りの間、火星は双子座に長期滞在します。

↑クリックするとAmazonに飛びます

火星が双子座にあるとき、人やモノ、情報の行き来が活発になります。

冒険的な行動を通じて、サバイバルする能力を鍛えるのです。

柔軟サインは予定通りに行動しないので、好奇心のおもむくまま、あちこち寄り道するような散歩をしながら、新しい情報を手に入れます。
もちろん、何が飛び出してくるか分からないリスクもありますし、そのぶん不要な情報が増えるということでもあります。

火星は強く押す力でもあるので、わざと間違ったことを言って相手を怒らせたり、でたらめなことを思いついた端から口にしてしまうこともあります。

火星占星術 松村潔著 p88~91から抜粋・引用)

SPICA
SPICA

双子座の火星と魚座の海王星がスクエアになる2022年10月11月、2023年3月は、特に注意が必要ですね。

9/23 秋分、ダイナミックな動きのある秋

9/23(金)、秋分。2022年の四季図のなかで、秋分図だけ雰囲気が違います。

2022年秋分のホロスコープで占う

10ハウスに金星、太陽、水星と緩やかにコンジャンクション、海王星、木星とオポジション。
2ハウス山羊座の冥王星が調停の座相を取ります。

10ハウスにある太陽は政権・政府を表しますが、盤石で楽観的な様子が伺えます。

対して、国民感情を表す月は、芳しくありません。
月は獅子座27度、9ハウスでエレベート。
アセンダント、月、天王星、土星で緩やかに不動宮のグランドクロスを形成。

わたしたちの生活は不景気な雰囲気が漂い、不自由を強いられるような印象です。

SPICA
SPICA

2021年の四季図でも、秋分図だけ雰囲気が違っていました。2021年の秋は、自民党総裁選→衆議院解散・総選挙、自民党の圧勝となりました。

2022年の秋も、今後の流れが決定づけられる出来事が起こるのかもしれません。

10/29~11/8、方向転換のとき

星の運行では、10/29~11/8の10日間に、3つの区切りのときを迎えます。

  • 10/29、逆行中の木星が牡羊座から魚座に戻ります。11/24に順行になり、12/20まで魚座に留まります。
    木星が魚座にある期間、「弱者に目を向ける」「見えないものへのまなざし」が強まるでしょう。
  • 10/30、双子座を運行中の火星が逆行を開始します。2023年1月12日まで、3か月近く双子座で逆行します。
  • 11/8、牡牛座17度で皆既月食。月と天王星が正確にコンジャンクションする月食のとき、5月ごろからのテーマが「上がり」「方向転換」の段階に入ります。
SPICA
SPICA

11/8皆既月食のタイミングで、「フリーになる」ことを選ぶ人が多そうです。

12/22冬至、チャレンジのとき

12/20、魚座が牡羊座に2度目の移動をしたあと12/22、冬至。

2022年冬至のホロスコープで占う

種が蒔かれ、芽を出す時期を待っているような冬至図です。

1ハウスに山羊座の太陽、金星、水星、冥王星と4つの天体があり、とてもパワフル。

地上には月だけ見えています。
12ハウス射手座の月は、6ハウス双子座の火星とオポジション。

防衛、セキュリティの課題、医療、雇用の問題に議論が高まりそうです。

  • 12/20、木星が牡羊座に移動を完了
  • 12/23、山羊座で新月
SPICA
SPICA

12/20前後の星の動きから考えると、2022年の冬は、年末、新しい方向性を示唆する出来事が起こるかもしれません。

12/29(木)、水星が逆行

年明け2023年1月18日まで水星が山羊座で逆行します。

年末年始は体を休め、2022年を振り返るときにしたいですね。

このほか、2022年を占星術で読み解いたブログ記事はこちら↓

2022年を占星術で占う 1 ~重要な6つのポイント~
2022年は、土の時代の終わりの始まり。新型コロナウィルス感染症発生から3年目、星の動きとホロスコープで見た2022年の6つのポイントを挙げてみました。
2022年を占星術で占う 2 ~春分図を読む~
2022(令和4)年は、どんな年になるのでしょうか。2022年春分のホロスコープから、日本に住むわたしたちの1年を占いました。

スピカのセッション(占い・カウンセリング)のご案内

土(山羊座)の時代が終わり、風(水瓶座)の時代が始まる過渡期の2022年。
あなたにとってどんな時間になるでしょうか?
誰と、どんなふうに過ごしたいですか?

2022年の後半、
「自由になる」
「自分の夢は何か」
「未来に向けて仕込む」
ことが重要になるでしょう。

広島の占星術とタロット占い healing space SPICA のセラピスト 櫻井みわがご提供するのは、
西洋占星術やタロット、人相術といった各種占い と、
心理カウンセリング を融合したセッション(カウンセリング)。

ここhealing space SPICAでは、
あなたのかけがえのない人生について、
あなたと二人で話し合う、悩みを解決し、
より幸せで希望に満ちた人生に作り上げていく、
という願いを込めて、
「占い」「カウンセリング」「鑑定」という言葉でなく、
「セッション」という言葉を使っています。

あなたのお悩みを手放し、よりスピリチュアルに生きていただく
実際にお役に立てるメッセージをお伝えしています。

「これからの人生、いったいどうしようかな?」と思っていらっしゃるなら、
一度スピカのセッションを お受けになってみられませんか?

お問合せ・お申込みは、お問い合わせページ からお願いします。

遠方の方は東京・大阪での出張セッション、お電話でのセッションも承っております。

healing space SPICA の Instagram ご覧になりましたか?

アルハンブラ宮殿の庭園広島の占星術とタロット占いの隠れ家サロン healing space SPICAが、Instagramを始めて5年あまり。
新月・満月の星読み、タロットカードの解釈、
旅行先で見かけたもの、勉強に行ったときの感想など、
日記代わりに投稿しています。

最近は、ブログ投稿よりもインスタグラムからの投稿が多くなっています。
よろしかったら、 healing space SPICAのインスタグラムを覗いてみてくださいm(__)m
フォロー&いいね!&コメント、大歓迎です!

healing space SPICAのインスタグラム公式アカウント↓
https://www.instagram.com/healing_space_spica/

タイトルとURLをコピーしました