なぜ、親子(母娘)関係はうまくいかないのでしょうか?

お盆、お正月。実家に帰省される方も多いですよね。
久しぶりに会うご家族と、楽しく過ごしたい・・
そう思われる方が大半だと思います。

ケンカする家族、大好きなのにすれ違ってしまうなのに、
ちょっとした言葉の行き違いで喧嘩になったり、
つい、心にもないことを言ってしまったり。

無言のまま、用件以外は口を利かない、
というご家族もいらっしゃるほどです。

一緒に暮らしていても、離れて暮らしていても、
近しい間柄だからこそ、
うまくコミュニケーション取れないなぁ、
と思っておられる方は多いのではないでしょうか?

 ☆ 目次 ☆
特に母娘は難しい
どれだけ自分の愛情を伝えるのが下手なのか
世界中の人がお前を悪いと言うなら・・

特に母娘は難しい

広島の占いとカウンセリングサロン healing space SPICA のご相談でよくいただくのが、

お母さんのことが許せないんです

というご相談です。

悲しむ子供「どういうことが許せないのですか?」と伺うと、

わたしに愛情を注いでくれなかった。

兄弟と比較された。

親のわがまま、都合に振り回された。

子供の気持ちよりも、体面、世間体を優先した。

ということをおっしゃいます。

第三者的な立場から伺うと、
「お母さまも、そのとき、いっぱい、いっぱいでらっしゃったのだろうなあ・・」
と思うことも多いのですが、

そのときのこどもの辛さ、
今、目の前に座っておられる方が、何年も苦しんでこられたことを思うと、
切ない、いたたまれないような思いがします・・

なんで、そこまでこじれちゃったんでしょう・・・

どれだけ自分の愛情を伝えるのが下手なのか

高校生のときの思い出です。

わたしは、平日夜、塾の帰りに、お友達のSちゃんと、モ〇バーガーのカウンターに座っていました。
Sちゃんは、可愛らしい顔立ちの女の子。
コミケと柴門ふみが大好きで、中原中也の詩集をそらで言えるほど愛読していました。

いつまで話していたのでしょうか。

・・・突然、Sちゃんのお母さんがお店に現れ、
つかつかと近寄ってきて、Sちゃんの顔を2・3発はたきましたΣ(゚ロ゚ノ)ノ

母と娘のバトル「いったい、何時だと思ってんの!
いつまでしゃべってんの!」

Sちゃんのお母さんは、背中に赤ちゃんをおぶって、
とても恐ろしい形相で仁王立ち。
Sちゃんは、お母さんを睨みつけて、じっとしています。

わたしはあまりに驚いて、口もきけずにいました・・

「あんたも帰ンなさい! 親が心配してるよ!」
Sちゃんのお母さんは、わたしにも言いましたが、
・・・わたし、一人暮らしだから、何時に帰ってもいんだよね。。。

その頃、わたし自身、両親とうまくいっていなかったので、高校生から一人暮らしをしていたのです。

この事件があってから、Sちゃんは塾をやめ、わたしとの交流は文通だけになりました。
1年後、彼女は進学せずに就職した、と、友達づてに聞きました。

そのころ、Sちゃんのお母さんは新しいお父さんと再婚して、Sちゃんにとって妹が生まれたばかりでした。

Sちゃんも、家に居場所がなかったのでしょう。
家に帰りたくないものだから、
何時に帰ってもいいわたしと、よくファストフード店やたこ焼き屋で一緒にいました。

もちろん、Sちゃんのお母さんは、Sちゃんのことが心配で探しに来られたのでしょうが、
(その頃、高校生が夜たむろれるところが、モ〇バーガーしかなかったので、すぐわかったのでしょう)

Sちゃんが家にいたくない気持ちを、もう少し分かってあげていたら・・・

いきなりSちゃんをはたいたりせずに、
「心配していたよ。早く、一緒に帰ろう・・」
と言ってあげていたら・・

世界中の人がお前を悪いと言うなら・・

漫画家の西原理恵子さんの本に、素敵なフレーズを見つけました。

世界中の人がお前を悪いと言うなら、世界中が間違うとる

自殺した二番目の父親が、私が高校を強制退学になった日に言ってくれた言葉です。
ちゃんと着物を着て待っててくれてて、帰ってきた私を抱きしめて、

絶対にお前はいい子だから、ずっと味方だから

と言ってくれた。

↑ 写真をクリックすると、Amazonに飛びます

母親なんかはやっぱり田舎に人間なので、
「みっともない」とか
「近所歩けん、恥ずかしい」とか
「もう人生終わりや」とかお約束の言葉を言うわけですよ。
もう、「あー、はいはい」「今、それ言う? 」みたいな。

男の人でも、
女が転んで「大丈夫?」って言わなきゃいけない局面で
「何やってんだよ」とか
「だから言ったろうが」とか言う人が多かった。

時代が貧しかったせいもあるかもしれないけど、
すごく嫌な言葉を言う文化がありましたね。

そのときに父親がこういうふうに言ってくれたのは、すごくうれしかった。

(「洗えば使える泥名言」西原理恵子著 文藝春秋 p102~103から抜粋・引用)

 

わたしが、大切な人に言ってあげたい言葉

世界中が、あなたの敵に回ったとしても、わたしはずっと、あなたの味方だから。

大好きだよ。

あなたのことを大切に思っているよ。

わたしは両親とうまくいかなかったので、
子供のころからずっと、
「どうやったら相手とうまくやっていけるのだろうか?
どうすれば、自分の気持ちをうまく伝えられるだろうか?」
と考えてきました。

わたしは、自分の気持ちを伝えるのが下手だったのです。
今でも、とても上手とは言えませんけど・・・

時々、TVで逮捕される人の映像を見ていると、
「この人の親御さんやご家族は、今、何を思っておられるのだろうか? 」
と考えることがあります。

もし、自分の大切な人が、逮捕されたら・・
シリアで拘束されたら・・・
何て言ってあげたらよいのでしょう。

世界中が、あなたの敵に回ったとしても、わたしはずっと、あなたの味方だから。

あなた=自分、に置き換えてもいいです。
もし、自分が逮捕されたとしても、シリアで拘束されたとしても、、、
自分は、ずっと自分の味方。

究極のところ、人間は誰もが1人で生きて、1人で死んでいきます。
自分の一番の味方は自分でしかありえない。
そのうえで、自分の大切な人たちの味方でありたい、といつも思っています。

スピカのセッション(占い・カウンセリング)のご案内

あなたは大切な人から傷つけられたことはありますか?
今も、昔の傷がときどき痛みますか?
大切な人と仲良くしたいのに、溝ができて辛い、そういった思いをされたことはありますか?

広島の占星術とタロット占い healing space SPICA のセラピスト 櫻井みわがご提供するのは、
西洋占星術やタロット、人相術といった各種占い と、
心理カウンセリング を融合したセッション(カウンセリング)。

占い、心理カウンセリングを受ける女性と占い師ここhealing space SPICAでは、
あなたのかけがえのない人生について、
あなたと二人で話し合う、
悩みを解決し、
より幸せで希望に満ちた人生に作り上げていく、
という願いを込めて、
「占い」「カウンセリング」「鑑定」という言葉でなく、
「セッション」という言葉を使っています。

あなたのお悩みを手放し、
よりスピリチュアルに生きていただくための、実際にお役に立てるメッセージをお伝えしています。

「これから先どうしようかな?」と思っていらっしゃるなら、
一度スピカのセッションを お受けになってみられませんか?

くわしくは、お問い合わせページ からお問い合わせください<m(__)m>

スピカのFacebookページができました!

広島の占星術とタロット占い healing space SPICAのFacebookページ ができました。

占星術やタロットのお話、パワースポット巡り、もっと幸せになる方法など、
人気のブログ記事を発信しています。

スピカの記事をお読みになって、気に入った!と思われましたら、
healing space SPICAのFacebookページ を訪問していただき、
ぜひ「いいね!」「レビュー投稿」をよろしくお願いしますm(_ _)m