82日(日) モスクワの地下鉄や船に乗る

2015年8月2日のホロスコープ

水瓶座の月は、獅子座の太陽と満月の1日あと、獅子座の木星とオポジション。

モスクワ市内を歩いて感じたのは、権力と財力はイコールだった、ということ。
権力を持つ、ということはなんて魅惑的なのでしょう。
日本では格差が開いた、と問題になっているけど、何の何の、昔の王侯貴族と庶民の格差は桁違いだった、と思うのです。

ロシア人も占いがお好き

ロシアでも女性雑誌はいくつも売っており、巻末には星占いのページがあった。
これはロシア版オレンジページ。クッキング記事がメインの雑誌である。

20150808-094749.jpg

巻末の星占いのページ。
8月は獅子座がメイン、と分かりますね~

ロシアの雑誌の占い記事

通訳のアラさんに、天秤座のところを読んでもらいました。
「神経質になりやすく、仕事はお休みしたほうがよいでしょう。ラッキーな日は、7/31、8/1」

確かに仕事を休んでロシアに来ているよ。
ラッキーな日は・・・終わっちゃった・・・
7/31は日本を飛び立った日、8/1はモスクワの中心地を観光した日でした。

モスクワ川クルーズ

モスクワのガイドは、サンクトペテルブルグに移動するまでの4日間、ずっとアラさん。

アラさんに色々質問したけど、一番おもしろかったのは、モスクワ川クルーズでクレムリンを眺めながら、大統領はヘリで出勤する、という話をきいたときのこと。

ウラジミール・プーチンは大統領を一度辞めたあと、首相として活躍し、現在は再び大統領に就任している。

「大統領と首相はどう違うのですか?」と聞いたら、
「わたしは嫌い」
と答えたあとで、
「大統領と首相、どちらも同じ」
とアラさんは言った。

そうかなあ。

権力のある男性は、酷薄なのかしら。
確かプーチンは離婚して、今は独身のはず。
権力のある男性は、決して女が放っておかないと思うけど。

イワン雷帝のモニュメント。
雷帝が、帆船の柱に立っている。

20150914-182823.jpg

ロシア正教では、3回まで離婚してもよいらしい。
ビザンチン、イスラムの影響を受けているせいだろうか。
教会でお祈りするときには女性は必ず頭をベールで覆っているし、イスラムでは4人奥さんを持っていてよい、というのと似ている。
イワン雷帝は7回も結婚したので、ウスペンスキー大聖堂でも正面から祈ることが許されなかったという。

救世主キリスト大聖堂。
20150914-182848.jpg

昨日は歩いて観光した場所を、モスクワ川から眺める。

聖ワシーリー寺院。
20150914-183242.jpg

ロシア国産で一番おいしいチョコレートを作っている工場。

チョコレート工場

モスクワ地下鉄に乗る

モスクワの地下鉄の駅は、とてもほこりっぽい。
駅舎は装飾が施されていて美しい。

20150914-183054.jpg

地下鉄自体は、ずいぶん地下に掘られている。ホームに降りるエスカレータの速度がとても速い。
東京の地下鉄、大江戸線よりもずいぶん深い、と東京から参加した人は言っていた。

ランチはキエフ風カツレツ。

20150914-182754.jpg

鶏の胸肉のカツ。ナイフを入れるとバターがジュっと出てくる。
ロシア料理は、好みで塩コショウをするのは、いつものこと。
付け合わせのジャガイモがとても美味しい。

モスクワ郊外の保養地、コロメンスコエ

コロメンスコエの敷地からモスクワ川を望むモスクワからバスで20分程度揺られた郊外にある、コロメンスコエ。

15世紀から17世紀にかけて、モスクワ大公や皇帝たちの宮殿を構え、夏の別荘として愛されてきた。

今は公園博物館として、市民に広く開放されている。

 

 

 

 

カザン聖母教会。

写真を撮れなかったのが残念。
教会でミサが行われており、多くの信者がミサに訪れていた。
女性はスカーフで頭を蓋い、教会に入っていく。
青い色のドームに星が描かれている。これは聖母マリアに捧げられた教会だという印なのだそうな。

ピョートル大帝が生まれた小屋。

20150914-182906.jpg

ピョートル大帝は、身長が2メートル9センチもあったそうな。

コロメンスコエからモスクワ川を眺める。

コロメンスコエの敷地からモスクワ川を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

とても美しい。

船着き場。

20150914-182957.jpg

わたしもモスクワから船で別荘に来ることができたら、どんなに素敵だろうか。

スーパーでお買いもの

外国に行くとスーパーに行くのが楽しみである。
モノの値段が分かるのがとても面白い。

ちなみに、ロシア人の平均月収は3万ルーブル。米ドル換算で500ドル、というから6万円ちょっと。
それでも、モスクワ在住の7割の人は郊外に別宅を持ち、週末は別宅で過ごすのだとか。
別宅には畑があり、今はトマトやナス、ジャガイモが収穫できるのだそう。

卵が10個入りで10ルーブル(約200円)。

20150808-100703.jpg

これはピーマン。野菜は全部1kgのお値段で量り売り。

20150808-100744.jpg

20150808-100800.jpg

こんなものまで。日本のオムツは優秀なのね。1400ルーブル(約2800円)。

20150808-100726.jpg

ドライブインでのお買い物

雑誌コーナー。

20150808-094710.jpg

紙パックのコーヒー35ルーブル(約70円)。

20150808-100839.jpg

お惣菜あれこれ。
1ルーブル=約2円で計算してみてください。

20150808-100909.jpg

20150808-100945.jpg

20150808-101003.jpg

20150808-101018.jpg

ロシアは夏が結婚シーズン

デパートでの自由時間、写真撮影しているカップルに出会いました。
ロシアのカップルの多くは、夏に結婚式を挙げるのだそう。
景色のよい外で写真撮影しているカップルが大勢いました。

20150914-183305.jpg