人生を走り抜いた、まついなつきさん

漫画家、エッセイスト、占い師だった

まついなつきさん、「あしたがワタシのお葬式」より2020年1月24日の新聞に、まついなつきさんの訃報が載っていました。

享年59歳。

かねてから療養中だったそうですが、1月21日にお亡くなりになったそうです・・・

松村潔先生から教わった姉弟子のまついさん。
いつかお会いしたいな・・と思っていましたが、
叶わぬ夢となってしまいました・・・

心よりご冥福をお祈りいたします。

まついさんは、占星術の本だけでなく、エッセイも多く残してくださいました。

彼女の本やイラストにどれだけ感動し、救われたか。感謝しきれません・・・

この投稿では、まついさんの占星術の本と、エッセイをご紹介したいと思います。

まついなつきさん 占星術の本3選

太陽・水星が蟹座にあり、月が乙女座のまついなつきさんは、
わたしたちが親しみやすく、分かりやすい占星術の本を遺してくださいました。

しあわせ占星術

しあわせ占星術 まついなつき著

クリックするとAmazonに飛びます

初歩から占星術を学びたい方におススメの本です。

「自分でホロスコープが読める本」とあるように、
ホロスコープを作って、どのように読んでいくか、
という基本中の基本を分かりやすく説明してあります。

火地風水の4元素

活動宮・不動宮(固定宮ともいう)・柔軟宮の3区分

からざっくり読み、

そのうえで、

サイン(星座)

月、太陽といった天体とアスペクト

ハウス

を見ていくのだ、ということがマンガと文章で書かれています。

ホロスコープを実際に読んでいて、読みづらいな~と思うとき、
「4元素・3区分」の基本に立ち返ると腑に落ちるときが多いです。

2000年に初版が発行されたのち、改訂版、新版、と版を重ねていますが、
わたしは初版本が一番気に入っています(^^ゞ

初版では、姉弟子のいけだ笑みさんが
「太陽と月のサインの組み合わせ144通りから、どういう人生傾向があるか」
というページを寄稿されているからです。

もっとくわしく占星術を学びたいかたは、増補改訂 決定版 最新占星術入門 (elfin books series) をどうぞ。

まついなつきのムーンチャイルド占星術

ムーンチャイルド占星術 まついなつき著

クリックするとAmazonに飛びます

「どうしてこの子は、言うことをきかないんだろう」
「どうしてこの子は、こういうものが好き(嫌い)なんだろう」
子育てに悩んだとき、手に取ってほしい本です。

子育てだけでなく、家族や友達、職場での人間関係に悩んだとき、この本は、とても役に立ちます。
自分と相手の性質を理解したいとき、占星術で傾向を読みとくことができるからです。

「相手は、どういう志向があるのか」
「自分には、どういう好みがあるのか」

ということを、月のサイン(星座)から紐解いていきます。

絶版になっており、古本屋さんで見つけられたらラッキー、即買いですね(^_-)-☆

運命が変わる土星占い(サターンリターン)

土星占い まついなつき著

クリックするとAmazonに飛びます

 28歳~30歳のときに起こる、サターンリターン(土星回帰)。
「大人になるときの試練をどう乗り越えるか」ということが書かれています。

12人のモデルさんの話をもとに、土星のある1から12ハウスについて、

あなたはどんな傾向があるか

どんなトラブルが起こるのか

それにはどんな意味があり、どうクリアすればよいのか

が分かりやすく書いてあります。
土星は、占星術で「忍耐・試練・親や上司などの年長者・欠乏感」を表しますが、
「人生の土台を固める」「継続できる力や才能」も表します。

わたしは、サターン・リターンを、
親や周囲から植え付けられた価値観を手放し、自分の手に人生を取り戻すとき
と説明しています。
自分なりの価値観を確立し、「人生のゴール」を設定するときだと思います。

こちらも絶版です。サターンリターン真っ最中の方は中古でぜひ。

土星についてもっと学びたいかたは、土星占星術講座 ~あなたの人生の設計図が見える~ をどうぞ。

まついなつきさん 心に残ったエッセイ

あしたはワタシのお葬式

あしたはワタシのお葬式 まついなつき著

クリックするとAmazonに飛びます

「死んだらどうなるの? どこへ行くの?」
と考えたことはありますか?

自分の大切な人やペットの死、お墓詣りを通して、
「生きることとは」「死ぬこととは」
を真面目に、ユーモラスに追及したエッセイです

今読み返してみて、心にずしんとくるマンガ(文章)がありました。
まついさんの読者さんのお話です。

読者の元宮亮子さんは、妊娠中に、同居していた彼がネコを拾ってきました。
彼女はネコに「プウ」と名付けます。
しばらくしてプウは妊娠し、そろって出産を迎えます。
人生のイベントを一緒に乗り越えたふたりは、強い絆で結ばれました。

その後、元宮さんは彼と別れ、プウと子供を連れて実家に戻ります。
日々の忙しさにかまけて、プウの面倒が疎かになっていきました。

「まだまだ、プウといしょの時間はあるはずだ」とたかをくくっていたから。

ほどなく、プウは車にひかれて、死んでしまいます・・・

元宮さんは言います。
「プウが死んでから、わたしは、
プウを猫だからではなく、
プウが好きだったんだ、と思い知った。」

あしたはワタシのお葬式 p22~25より抜粋・引用)

占星術では、死は8ハウス・12ハウスの管轄です。
「死」を意識するから、「生」を考えるのでしょう。

わたしたちは、
「まだまだ時間がある」
「またいつか会えるはず」
と思って、いつもの日常に慣れきって、ついつい手抜きをしてしまいがちです。

「今日と同じ日は来ない」
「この人ともう明日、会えないかもしれない」

と肝に銘じて、今の一瞬、一瞬を大切に生きていきたいと、改めて思いました。

末筆ではございますが、改めまして
まついなつきさんのご冥福をお祈りし、ご家族・親しかった方へお悔やみを申し上げます。

healing space SPICA が Instagram はじめました!

スペインのあ王宮広島の占星術とタロット占いの隠れ家サロン healing space SPICAが、Instagramを始めて2年あまり。
新月・満月の星読み、タロットカードの解釈、
旅行先で見かけたもの、勉強に行ったときの感想など、
日記代わりに投稿しています。

最近は、ブログ投稿よりもインスタグラムからの投稿が多くなっています。
よろしかったら、 healing space SPICAのインスタグラムを覗いてみてくださいm(__)m
フォロー&いいね!&コメント、大歓迎です!

healing space SPICAのインスタグラム公式アカウント↓
https://www.instagram.com/healing_space_spica/