9/17(木)乙女座で新月、9/22(火・祝)秋分

秋分図で、2020年9月~12月までを占う

2020年9月17日、乙女座で新月2020年の秋は、乙女座の新月から始まります。

9月17日(木)20:00、乙女座26度(数え度数、以下同)で新月。

新月の5日後、連休最後の9月22日(火・祝)22:31、太陽が天秤座に移動し、秋分。

8/28(金)、安倍晋三首相が総理大臣を辞職することを表明。
9/15(火)、安倍総理のもとで官房長官だった菅義偉さんが第99代首相に選出され、
新月の前日9/16(水)に、新内閣が発足しました。

当ブログの記事、激動の2020年を占星術で占う 1 ~全体の流れをみる~ で

「2020年1月現在、噂されているように、この(秋分:筆者注)ころ長期政権も終焉かもしれません・・・」

と書きましたが、首相交代は2012年12月以来、7年8カ月ぶりとなりました。

 

占い

日本のカリスママーケッター、神田昌典さんによると、
「2020年は、予想外の出来事が起こる、変化のクライマックスの年」。

2019年末から始まった新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の世界的な流行は、わたしたちの生活に多くの変化をもたらしました。

2020年秋、日本に住むわたしたちの運勢はどうなるのでしょうか。

乙女座の新月図、秋分図から、占星術で考察してみました。

 ☆ 目次 ☆

1.9/17(木)新月の空模様
2.乙女座の新月図を読む
2-1.乙女座26度新月のサビアンシンボル
2-2.6ハウスと12ハウス
3.秋分図で2020年秋を占う
3-1.方向性を示すASCは蟹座3度
3-2.国民の感情や生活を表す月は6ハウス
3-3.5ハウスの水星、活動宮でT-スクエアが示すもの

 

1.9/17(木)新月の空模様

2020年9月17日(木)20:00に乙女座26度(数え度数、以下同)で新月。

新月の空はこちら。
地平線の下、獅子座の後ろ足に、太陽と月がありますね(^^♪

2020年9月17日、乙女座で新月

 

2.乙女座の新月図を読む

2020年9月17日、乙女座新月のホロスコープ

MCを挟んで山羊座の木星、土星、冥王星。
ASCのそばには天王星。

まさに「日本の看板が変わる」タイミングといえるでしょう。

乙女座26度新月のサビアンシンボルは「香炉を持つ少年」

新月の度数は、乙女座26度、6ハウスにあります。

サビアンシンボルは、「香炉を持つ少年」。

なぜ生きるのか、死ぬことは何か、といった哲学、精神的なことをに興味を持つ少年は、
敬虔な思いで儀式に臨んでいます。

儀式に臨むとき、一般社会での地位や肩書、財産、価値観といったものは全く役に立ちません。
ただ、その人の本質、魂の在り方が問われるのです。

本当に価値のあるものは何か、人間性を探求する旅の始まりです。

6ハウスと12ハウス

6ハウスには太陽・月・水星と3つの天体があります。

6ハウスの天秤座水星は、山羊座の木星・冥王星とスクエア。

わたしたちの健康(防疫)や医療体制、雇用の問題が一番大きな課題と言えるでしょう。
今まで隠していた本質的な問題が露呈することになりそうです。

不気味なのは、12ハウスにあるインターセプトの火星が、山羊座の土星冥王星MCとスクエアを取っていること。

12ハウスの示す隠れた敵(コロナウィルスやインターネット上での誹謗中傷、敵意といったもの)は、
目立たないかもしれないけれど、力を蓄えながら潜んでいるように思えます。

3.秋分図で2020年秋を占う

秋分は、昼と夜の長さが同じになるとき。2020年の結果を刈り取るときです。

2020(令和2)年の秋分図(ホロスコープ)から、日本や日本に住むわたしたちの2020年秋の運勢を占います。
太陽が天秤座へ移動した瞬間のホロスコープを東京で作成しました。

方向性を示すASCは蟹座3度

蟹座3度のサビアンシンボルは、「毛深い鹿に先導される、毛皮に包まれた男」。

雪が積もり、厳しい寒さの山奥で、全く見通しの立たない状況です。

自分の進む方向が分からなくなったとき、
どこからか鹿が現れ、正しい方向へ導かれることを示しています。

あれこれ考えても答えはでません。流れに任せるときです。

ただし、火星、土星、海王星、天王星、冥王星と、4つの天体が逆行しており、
物事はスムーズに進みそうにありません。
また、「集団の圧力」で、反対意見を封じこめようとする傾向が強く出ます。

あとで振り返ったとき、
「本当に、わたしたちは、このような状況になることを望んでいたのだろうか?」
思うのかもしれません。

国民の感情や生活を表す月は6ハウス

ドラクロワ画 民衆を導く自由の女神ASCのルーラー(支配星)であり、国民の感情や生活を表す月は、
射手座11度、6ハウスにあります。

射手座11度のサビアンシンボルは、
「ときの声をあげる鷹に変化する旗」。

旗は、意図を記号化したもの。
鷹は、意志が飛んでいくさまを表し、実際の行動で示すことを表します。

無意識から湧き上がってくる思いがイメージ化されるとき、
実際の行動として現れ、物事を変革していくことができるのです。

2020年は一年を通して蟹座と山羊座、6ハウスが強調されています。

2020年の日本のわたしたちは防衛的な態度になりがちで、
自分の味方と敵をはっきり区別しようとする傾向が強く出ます。
自粛警察という言葉も定着したように、例年にも増して同調圧力が強く、
マスクのせいだけではなく、正直、「息苦しい」。

6ハウスの示す、健康や医療体制、雇用の問題。
国家に目を向ければ、軍事、防疫といった領土や国民を守る働きを表します。
わたしたちがどうしたいのか、声をあげて、考え、方針を決めるときなのです。

5ハウスの水星、活動宮でT-スクエアが示すもの

5ハウスのの天秤座水星が、11ハウスの牡羊座火星、7~8ハウスの山羊座木星冥王星土星と
活動宮でT-スクエアを形成しています。

ハードな雰囲気が漂います。

暴力的な態度になりやすいときです。
失言しやすいときでもあり、発言には十分気を付ける必要があります。

5ハウスの「目に見える結果が出る」ということであれば、
残念ながら、この秋、
景気や農作物の生産高、人口動態といった目に見える数字に、「ショッキングな結果」として表れてくるかもしれません。

スピカのセッション(占い・カウンセリング)のご案内

山羊座(土・物質)の時代から水瓶座(風・精神性)の時代に切り変わる2020年。
あなたにとってどんな時間になるでしょうか?
あなたにとって大切にしたいものは何ですか?

火星、土星がそれぞれ支配する星座に滞在する2020年後半は、
権力と義務、責任が問われる、「自由に生きるための闘い」のときです。

この時期、
「変化を恐れないこと」
「自分がどうしたいのか」
「自分の力をどのように使うか、あるいは使わないか」 
が重要になるでしょう。

広島の占星術とタロット占い healing space SPICA のセラピスト 櫻井みわがご提供するのは、
西洋占星術やタロット、人相術といった各種占い と、
心理カウンセリング を融合したセッション(カウンセリング)。

ここhealing space SPICAでは、
あなたのかけがえのない人生について、
あなたと二人で話し合う、悩みを解決し、
より幸せで希望に満ちた人生に作り上げていく、
という願いを込めて、
「占い」「カウンセリング」「鑑定」という言葉でなく、
「セッション」という言葉を使っています。

あなたのお悩みを手放し、よりスピリチュアルに生きていただく
実際にお役に立てるメッセージをお伝えしています。

「これからの人生、いったいどうしようかな?」と思っていらっしゃるなら、
一度スピカのセッションを お受けになってみられませんか?

お問合せ・お申込みは、お問い合わせページ からお願いします。

遠方の方は東京・大阪での出張セッション、お電話でのセッションも承っております。

 

healing space SPICA が Instagram はじめました!

アルハンブラ宮殿の庭園広島の占星術とタロット占いの隠れ家サロン healing space SPICAが、Instagramを始めて2年あまり。
新月・満月の星読み、タロットカードの解釈、
旅行先で見かけたもの、勉強に行ったときの感想など、
日記代わりに投稿しています。

最近は、ブログ投稿よりもインスタグラムからの投稿が多くなっています。
よろしかったら、 healing space SPICAのインスタグラムを覗いてみてくださいm(__)m
フォロー&いいね!&コメント、大歓迎です!

healing space SPICAのインスタグラム公式アカウント↓
https://www.instagram.com/healing_space_spica/

参考文献
未来事典―3年後の私がわかるサビアン占星術 松村潔/著 角川書店
愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ) 松村潔/著 学研
増補改訂 決定版 最新占星術入門 (elfin books series) 松村潔/著 学研
完全マスター西洋占星術 (The series of perfect master) 松村潔/著 説話社
完全マスター西洋占星術II (The series of Perfect Master) 松村潔/著 説話社
「月星座」占星術入門 ~じぶんの月星座を知って人生を変える本~ 松村潔/著 技術評論社
星読み+ 石井ゆかり/著 幻冬舎
石井ゆかりの星占い教室のノート 石井ゆかり/著 実業之日本社
月・星・こよみのカレンダー 大阪市立科学館
月刊「うちゅう」 大阪市立科学館
ウィキペディア(wikipedia)