2023年を占星術で占う 1 ~冬の3か月を読む~

2022年冬から2023年3月までの流れを占う

宇宙コロナ禍もいよいよ4年目に突入した2023年。

2020年12月から現在も続くコロナ禍で、2022年2月に始まったウクライナとロシアの戦争も、いまだに出口は見えないままですが、2023年、日本に住むわたしたちにとって、どのような一年になるのでしょうか。

2022年12月中旬、臨時国会終了後に内閣・日銀で2つの重要な決定がなされました。

2023年の日本のわたしたちの運勢を占ううえで、2022年冬至図を深く読んでおくほうがよいと思い、2023年は2022年冬至図から振り返ります。

2022年の冬至図をもう一度振り返る

2022年12月22日(木)、太陽が山羊座に入った瞬間のホロスコープを東京で作成しています。

2022年冬至のホロスコープで占う

「2022年を占星術で占う 3 ~全体の流れを読む~」冬至のパートでこう書きました。

種が蒔かれ、芽を出す時期を待っているような冬至図です。

1ハウスに山羊座の太陽、金星、水星、冥王星と4つの天体があり、とてもパワフル。

地上には月だけ見えています。
12ハウス射手座の月は、6ハウス双子座の火星とオポジション。

防衛、セキュリティの課題、医療、雇用の問題に議論が高まりそうです。

2022年12月10日に臨時国会は終了しましたが、その後10日間のうちに2つの重要な決定がなされました。

  • 日本政府は(12月)16日、今後5年間で防衛費を現行計画から1.6倍の43兆円に拡大すると閣議決定した。中国や北朝鮮の脅威を理由としている。
    2022年12月17日配信 Yahoo!ニュース記事
  • 日銀は(12月)19~20日に開いた金融政策決定会合で、大規模緩和を修正する方針を決めた。従来0.25%程度としてきた長期金利の変動許容幅を0.5%に拡大し、20日から適用する。
    黒田東彦総裁は記者会見で「市場機能の改善をはかる」と修正理由を説明した。
    事実上の利上げとなる決定で、市場では長期金利が急上昇し、外国為替市場では円高が進んだ。
    2022年12月20日配信 日経新聞web より抜粋・編集)

防衛費の拡大は、6ハウスの示す「防衛、セキュリティの課題、医療、雇用の問題」に関わる出来事です。

国の財政や金融政策を示す2ハウスには水瓶座22度(数え度数、以下同)の土星。
ASC(アセンダント)、MCには調和角を形成していますが、5ハウスにある天王星とスクエア。
国の負債を表す8ハウスには天体はなく、ルーラー(支配星)の太陽は1ハウス、3ハウスの海王星木星とスクエア。
防衛費を拡大する財源について取り沙汰されていますが、「財政は厳しい」と言わざるを得ません・・・。

さらに深く冬至図を読む

わたしたちの生活や国民感情を表す月

悩む女性わたしたちの生活や国民感情を表す月は、射手座9度、12ハウスにあります。

月は火星/双子座12度/6ハウスとオポジション、3ハウスにあるキローンとスクエア。
月をサポートする天体や感受点が見当たりません。

政府は6ハウスの「防衛・セキュリティ」を重視していますが、わたしたちの日々の暮らしを支える「雇用や医療の問題」はどうなったのでしょうか?

政府が(12月)23日に閣議決定した2023年度予算案で、社会保障費は過去最大の36.9兆円となった。(日本経済新聞web より引用)

SPICA
SPICA

歳出の約1/3を占める社会保障費は、1.7%増。防衛費は、現行の1.6倍に増加。予算としては、どちらも過去最大です。

太陽で、政権や政治を見る

閣議決定する岸田総理大臣

閣議に臨む(左から)林外相、岸田首相、高市経済安保相 産経新聞webより転載

冬至のホロスコープでは、必ず太陽は山羊座の1度にあります。

2022年冬至のホロスコープでは、太陽は1ハウスにあり、3ハウスにある魚座の海王星、牡羊座の木星とスクエア。

特に牡羊座の木星とは正確に90度を形成していて、
「臨時国会の終了後に、野党や国民と話し合いもないまま、閣議決定で発表する」
という方法になるのか、、、と目を見張る思いでした。

1ハウスには太陽のほか金星、水星、冥王星と4つの天体があり、非常にパワフルです。

3月までに、他にも重要な決定がいろいろなされていくのでしょう。

一番弱いところにしわ寄せがいく冬

太陽と月を比較したときに、パワフルすぎる太陽に対して、月がダメージを受けているように感じます。

  • 山羊座1度の太陽は1ハウスにあり、3ハウスにある牡羊座1度の木星、魚座23度の海王星とスクエア。
  • 射手座9度の月は12ハウスにあり、6ハウスの双子座12度の火星とスクエア。

太陽はパワフルで自信過剰で、曖昧に唐突に物事を進めていこうとするのに対して、
月は激しく傷つけられ、6ハウスの割を食い、見えない場所に追いやられています。

国家(元首)の目的を貫くために、一番弱いところにしわ寄せがいくようなイメージです。

冬至のホロスコープと、12月の政府の決定から考えるに、国民感情やわたしたちの生活が、後回しにされているように感じるのです。

この冬にやっておくとよいこと

楽しいと思うことをする

喜ぶ女の子1ハウスの金星、水星が5ハウスの天王星とトライン。
あなたが心から楽しいと思えること、ワクワクすることをやってみましょう。
運が良ければ、臨時収入につながる可能性も!

 資格取得の勉強をする

勉強すること、なにかスキルを身につけることも、あなたの今後の人生にきっと役に立つでしょう。

未知の分野を探求する

月は射手座9度。12ハウスにあり、6ハウスの火星とオポジション。

「こっそり、未知の分野を探検する」ことが、心の危機を救うかもしれません。

学びたいと思っていて、今まで手を付けていなかったことを学ぶ。

美術館や博物館に足を運び、教養を深める。

思想や哲学を学ぶ。

今すぐ役に立たなくても、きっとあなたの心の支えになることでしょう。

2023年は、1月中旬から始動する

1月中旬に、3つの天体が逆行から順行に戻ります。

  • 1月13日 火星が双子座9度で順行
  • 1月18日 水星が山羊座9度で順行
  • 1月23日 天王星が牡牛座15度で順行

2023年は、1月半ばから始動するイメージです。

スピカのセッション(占い・カウンセリング)のご案内

ポストコロナ時代が始まる2023年。
あなたにとってどんな時間になるでしょうか?
誰と、どんなふうに過ごしたいですか?

2023年は、土星、冥王星、木星が星座を移動する前半が勝負!
「未来に向けて仕込む」
ことが重要になるでしょう。

広島の占星術とタロット占い healing space SPICA  櫻井みわがご提供するのは、
西洋占星術やタロット、人相術といった各種占い と、
心理カウンセリング を融合したセッション(カウンセリング)。

ここhealing space SPICAでは、
あなたのかけがえのない人生について、
あなたと二人で話し合う、悩みを解決し、
より幸せで希望に満ちた人生に作り上げていく、
という願いを込めて、
「占い」「カウンセリング」「鑑定」という言葉でなく、
「セッション」という言葉を使っています。

あなたのお悩みを手放し、よりスピリチュアルに生きていただくための、実際にお役に立てるメッセージをお伝えしています。

「これからの人生、いったいどうしようかな?」と思っていらっしゃるなら、一度スピカのセッションを お受けになってみられませんか?

お問合せ・お申込みは、お問い合わせページ からお願いします。

遠方の方は東京・大阪での出張セッション、お電話やwebでのセッションも承っております。

healing space SPICA の Instagram ご覧になりましたか?

アルハンブラ宮殿の庭園広島の占星術とタロット占いの隠れ家サロン healing space SPICAが、Instagramを始めて6年あまり。
新月・満月の星読み、タロットカードの解釈、
旅行先で見かけたもの、勉強に行ったときの感想など、
日記代わりに投稿しています。

最近は、ブログ投稿よりもインスタグラムからの投稿が多くなっています。
よろしかったら、 healing space SPICAのインスタグラムを覗いてみてくださいm(__)m
フォロー&いいね!&コメント、大歓迎です!

healing space SPICAのインスタグラム公式アカウント↓
https://www.instagram.com/healing_space_spica/

タイトルとURLをコピーしました